消費者金融でお金を借りる!

消費者金融は利息制限法などで年々金利の制限や借り入れの額に
制限が設けられるようになってきました。
借り入れする私たちにとっては年収の3分の1までしか
借りることのできないキャッシングサービスなどが多くある為
普通の消費者金融や銀行などを見極める必要が
あるようになってきました。

当サイトでは消費者金融からお金を借りようと考えている方に
最適な業者が見つかればいいと思い立ち上げました。

歴史から消費者金融を学ぶ

そもそも消費者金融は10年20年前と今を比べると
まったく違う金利のサービスになってきています。
消費者は今世の中に存在するサービスしか利用することができませんので、
今普通に借りようとしたときに見る金利が当たり前のように感じてしまいますが、
数十年前までは所謂金利が数十%というありえない金利が普通だったりしたそうです。

今では上限金利が20%迄といった利息制限法で制限がされています。
平均的にみると消費者金融は大体の所が18%くらいで上限を設定し
遅延した時に20%といった金利が一般的になってきているようですが
この金利から各社競合に負けじと金利を数%低く見せようとがんばっているのも事実です。

金利は比較して低いところがBEST?

そう考えると、金利を比較して一番低いところがBESTなのでは?
と思ってしまいますが、一概にそうとは限りません。

なぜならば、審査によって若干変動があるからです。
勿論低金利のサービスを選ぶこと自体はいいことですのでいくつかサービスを比較しその中から良いものに申込みするというのがまずはやるべきことでしょう。

それ以外に注意すべき点としては、年収の3分の1以上借りたいのか、
10万円などのちょっとした額を借りたいのかという目的によって選ぶべき商品が変わってきます。
10万円程度の小口であれば、大手消費者金融からで問題ないかと思いますが
年収の3分の1以上の融資を希望の場合、総量規制の対象外商品を選ぶ必要があります。

そういったサービスを提供しているのは所謂消費者金融ではなく
銀行や信販系の金貸し、商品にあったりします。

うまくご自身の目的を見極めた後は「総量規制の対象外」なのかそうでないのかをチェックしましょう。